湿気を吸ってカチコチになってしまった調味料。あきらめて捨ててしまっていませんか?固まった調味料や小麦粉をもとに戻す方法をご紹介します。

固まってしまった調味料をなんとかしたい! 画像(1/1) アンケート調査でも、調味料は「使い切れない」と悩む人は多い。
アンケート調査でも、調味料は「使い切れない」と悩む人は多い。

撮影:キッチンミノル

湿気を吸って固まってしまった塩は、ペーパータオルを敷いた耐熱皿にのせ、ラップをかけずに電子レンジで加熱。目安は塩60gにつき約1分。湿気をとばしたら、温かいうちにつぶして使ってください。※電子レンジは500Wのものを基準にしています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

砂糖

固まってしまったら、原因は水分不足。きれいな保存袋に入れて、1kgあたり、霧吹きで3~4回シュッと水分を与え、密封してください。1~2時間で元どおりになりますよ。砂糖は変質しにくいため、賞味期限が書かれていませんが、においを吸着しやすいので、密閉保存がベスト。開封後は袋ごと密閉保存袋に入れましょう。

こしょう

しけってビンの内側にこびりついたこしょうは、しけっていないサラサラの塩を、ビンに入れてよくふります。塩が物理的にこびりつきを取りながら、こしょうの湿気を吸収。塩こしょうとして使えて便利です。

小麦粉

しけってダマっぽくなった小麦粉は料理の仕上がりにも悪くなります。そんなときは使う分だけ取り分けて、ざるで1度ふるってみましょう。空気を含んでふんわりするはず。ただし酸っぱくなっていたら捨てましょう。小麦粉は開封後はもちろんのこと、未開封でも周囲の湿気が多いと吸湿してしまいます。シンク下や床下収納庫は意外に湿気の多い場所。何となく入れておいたら、いざあけたときにしけって固まっていた…なんて悲しい事態も。湿気を通さないポリ袋にすっぽり入れて、密閉したうえで湿気や湿度の低い棚などに置きましょう。ポリ袋に入れてもやはりシンク下などは避けたほうが無難。湿度の高い時期は買ってきたらすぐポリ袋に。賞味期間は薄力粉1年、強力粉6カ月程度です。【レタスクラブ】