忙しいママ必見!家事と仕事を両立させる、やりくりテクを紹介
天気のいい日は自社製品の電動アシスト自転車で出勤。子どもを乗せても抜群の安定感でスムーズな走り出し♪

撮影/小澤晶子

起床は朝4時半。ここから忙しい毎日がスタートする、石川茜さん。現在、ヤマハ発動機に勤め、旦那さんは海外赴任中ということで、仕事、家事、子育てを1人でこなしています。いったいどうやって、1人で家事と仕事を両立しているのかを聞いてみました!

「朝食はワンプレートに盛って、洗い物を少なく。1分足らずでお湯が沸く電気ケトルは、飲み物だけでなく料理にもフル活用しています。また、夕食を作るのは2日に1回、まとめて作っています。カレーなどは1週間分作って冷凍し、疲れて料理をしたくないときのお助けメニューです。食材は生協を利用しているので、足りない物だけ週末スーパーへ買い物に行きます。生協から届いた野菜や肉は、使いやすくカットして冷凍保存。こうしておくと、サッと使えて時短調理にもつながります」と石川さん。

8時45分~16時まで仕事をこなし、その後、勤務先に併設されている託児所に子どもを迎えに行き自宅へ帰ります。料理以外の家事はどうされているのでしょうか?「掃除はロボット掃除機を愛用。洗濯は子どもと2人分なので2~3日に1回程度で十分です。寝る前にタイマーセットして朝起きてから干すのですが、面倒なときは乾燥まで洗濯機にお任せです」。

まだまだ、工夫されていることは多くありそうですが、続きは『レタスクラブ』本誌で! 石川さんオススメの時短アイテムや家事と仕事を両立できるようになった背景など、働くママに役立つ情報万歳ですよ!【レタスクラブ編集部】