今晩のご飯はこれで決まり! 明日の夕食がラクになる煮込み
「やわらか角煮」 40~50分の煮込み時間、やわらかく仕上がります! 

調理/重信初江 撮影/木村 拓

家事は年中無休。特に、日々のごはん作りは、限られた時間の中で、メニューがワンパターンにならないように考えたり、食材に無駄が出ないように工夫したり…と、悩むことが多くて大変ですよね。そんなごはん作りを少しでもラクにしてくれるのが、煮込み料理! 体が温まるのはもちろん、時間に少し余裕があるときに量を多めに作っておけば、翌日それを使って、ちがうメニューが超簡単に作れます。

例えば、大人気の豚の角煮。翌日は、肉を薄く切ってフライパンでさっと焼けば、表面はカリッとこばしく、中はトロッとした口当たりに。煮込むときに使ったしょうゆベースの煮汁も無駄なく活用。みそを少しプラスするだけで、さらにコクが出るうえ、味わいにも変化がつきます。ホカホカのご飯に、たっぷりのねぎとともに豚肉をのせ、たれをかけるだけで、「ねぎみそチャーシュー丼」が完成! 日曜日の夜は角煮、忙しい月曜日はパパッと丼なんていかがですか?

10月25日発売の「レタスクラブ」では、今回の角煮の使いまわしテクをはじめ、日々のごはん作りがグンとラクになるストックおかずを盛りだくさん紹介しています。ぜひご覧ください!【レタスクラブ編集部】