素敵!といわれる ハロウィーンお菓子のラッピングテク
写真A クッキーは透明な箱に入れて

ラッピングアイディア/阿部まゆこ 撮影/馬場わかな 調理/飯塚有紀子

10月31日はハロウィーン。日本でもすっかり身近なイベントになり、子どもや友だちにお菓子をプレゼントする人が増えています。今回は、ラッピングにもこだわりたいあなたに、素敵!といわれるアイディアをご紹介。手作りお菓子はもちろん、市販のお菓子もオリジナリティあふれる贈り物に変身しますよ。

●写真A  「クッキーは透明な箱に入れて」

直径約8cm×高さ約6cmのPET製の箱の側面に、太めのリボン約25cmを巻き、両面テープで留める。箱の上下を返し、底の中央に細めのリボン約40cmの中央を合わせてセロハンテープで留める。箱にクッキーを数枚重ねて入れてふたをし、細めのリボンを上中央で蝶結びにする。

●写真B 「パイは紙製のふたを使ってくずれにくく」

直径約12cmの紙製のふた(市販のアイスクリームのふたなど)に紙ナプキンを1枚敷き、パイ1個をのせる。約20×20cmのPP製の袋に入れ、袋の余った部分と口を裏側に折り、マスキングテープで留める。袋の左上に好みの紙やリボンをホチキスで留める。

●写真C・D 「マフィンは型ごと袋に入れて華やかさアップ!」

約10cm×15cmのマチつきのPP製の袋に紙ナプキン適宜を敷き、マフィン1個を型ごと入れる。口を絞り、好みのリボン約25cmを蝶結びにして留める。好みでハロウィーンのオーナメントをリボンに通して結んでも。


10月10日発売の「レタスクラブ」では、ラッピングアイディアのほか、ハロウィーンのお配りおやつにぴったりの、かぼちゃの焼き菓子レシピを紹介しています。ぜひご覧ください!