この冬は「ホット炭酸」がブームの予感!
キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ

温かいのにシュワシュワ!? な、今までにない驚きのドリンクが話題になっています。10月21日に発売の「カナダドライ ホットジンジャーエール」(日本コカ・コーラ)と、11月5日に発売となった「キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ」(キリン)。いずれも温かくして飲む、新しいタイプの炭酸飲料です。

「カナダドライホットジンジャーエール」は、コカ・コーラシステムが約4年もかけて開発したという、コカ・コーラ史上、世界初のホット炭酸飲料。寒い季節のホット製品に対する消費者ニーズと、生姜やスパイスが寒い季節に親しまれてという、日本独自の食文化をもとに開発されました。そして近年拡大しつつある炭酸市場の更なる拡大を目指し、登場したのがキリンの「キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ」。「やさしい泡の炭酸感を持続させる技術」や、ホット商品でもきめ細やかでなめらかな泡を実現する「なめらか泡製法」(特許出願中)など、独自の技術が採用されています。

●キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ

蜜りんごを連想させる芳醇なップルグレープフルーツのキレ味を組み合わせたやさしい味わい。米を発酵させて作られる泡はシャンパンのようにきめ細かく、やわらかな舌触りです。女性にうれしいカロリーオフも実現。275ml ¥130/キリンビバレッジ

●カナダドライホットジンジャーエール

ジンジャーエキスを配合したホット炭酸は、体を温めながらリフレシュできて寒い季節にぴったり。アップルフレーバーやシナモンフレーバーがブレンドされていて、香りも豊か。しょうがと炭酸のピリッとした刺激がくせになる味わいです。180ml ¥120/日本コカ・コーラ

いずれの商品も、ホットでおいしく感じる、独自の炭酸技術が生かされた商品。爽やかでふんわり香るフルーツの香りに癒されるので、大人のリフレッシュタイムにぴったりです。寒い外や、仕事の合間など、ホッとしたいときにぜひ飲んでみて。【レタスクラブ】