呑ん兵衛に朗報!お酒は肝臓に悪くない!という事実
お酒よりもあま~いお菓子のほうが肝臓には敵!?

これから年末に向けて、クリスマスや忘年会などお酒の飲む機会が多くなりますよね? 「毎日飲むと肝臓が……」と気にしている人も多いですが、肝臓を悪くする原因で一番多いのは何だと思いますか? 実は、お酒ではなく「食べ過ぎ」なんだとか。なので、主婦の皆さんは「お酒はほとんど飲まないから、大丈夫~」と思っていると肝臓にた~ぷり脂肪がついて、脂肪肝などの病気になる可能性があるので要注意! 

お酒で肝臓を悪くするのは、アルコール依存性などかなり飲酒量が多い場合とのこと。適量であれば毎日飲んでも問題がないそうです! 適量の目安としては、日本酒なら2~3合、ビールは中ジョッキ2杯、ワインはグラス3杯以下。お酒に弱い人はこれよりも少なくし、甘くて飲みやすいカクテルは糖質が多いので他のお酒に比べて脂肪になりやすいため、少量を楽しみましょう。お酒大好の呑ん兵衛の皆さんも、適量を守って健康に楽しくお酒を飲んでくださいね。