帰省の前後にも!改札を出てでも食べたい「東京駅 グランルーフ」の新店3つ
グランルーフのお店の多くは地下フロア。落ち着いた、少し大人な雰囲気です。

新スポット続々で華やぐ東京駅周辺、今回注目したのはオープン3カ月の「グランルーフ」です。八重洲中央口直結エリアに15のレストランとカフェが大集合と聞き「便利な場所だから高くて量も少ないのでは…」とヒネくれて取材を始めた、私たちの不安を裏切る満足なお店ばかりでした! オンナ心にぐっときた3店をご紹介します!

◆ヴィットリオ ポモドーロ ツキジ(B1F):築地の新鮮な魚介を「パニーニ」にして供するカフェ。大ぶりなカニ爪や新鮮なかじきを、パニーニからはみ出さん勢いで豪快にサンド! 旬の魚をたっぷり、しかもお手頃価格で提供できるのは「築地市場で仲買を通さずに直接買い付けできる寿司店が母体だからです」と店長さん。グッドマッチなこの味わいぜひ体験してみて。http://www.susinippan.co.jp/mces/index/00141

◆ウォルプタス オリーブオイル ダイニング トーキョー(2F):店名にもあるとおり、オリーブオイルをたっぷり使用した料理がウリのイタリアンレストラン。イタリアから届くオリーブオイルは香り高く、京都の自家菜園でとれる野菜や、日本全国からえりすぐった旬の食材のフレッシュなおいしさを引き立てます。東京駅直結とは思えない広~い店内も気持ちいいですよ。http://www.takewaka.co.jp/volputas/

◆神座飲茶樓(B1F):本場中国の点心師が作る点心や、ラーメン、丼に定評がある中華ご飯店。特に「オリジナル小籠包 3個420円」はカジュアル価格なのにとっても美味で大満足! テイクアウトでは、チャーハンの上に具を乗せた「ライスボール」が大人気とか。近隣オフィスの人々が足繁く通うのも納得のクオリティ&ボリュームです。http://www.kamukura.co.jp/yamcha/

帰省の際に少し時間ができたら、改札を出ておいしいものでくつろいでみてはいかが? なお「東京駅」に加え「秋葉原」「銀座」など、東京の新スポットが満載の「東京2013年新スポットでグルメ&お買い物」はレタスクラブ12/25号(12/7発売)に掲載されています。【レタスクラブ】