文字の書き方を変えるだけ、リッチなセレブの仲間入り♪
「口」など四角い文字の左上を開けることが、金持ちへの近道かも!?

何も考えずにいつも書いている文字にも、お金が貯まる文字と貯まらない文字があることは知っていますか?無意識に書く文字には深層心理が表れているため、文字の書き方をちょっと変えるだけで、意識や行動にも反映されていつのまにかお金との縁が強くなるというわけ。今度こそお金をガッツリ貯めたい!という人は、書き方を変えてお金に好かれる人を目指しましょう。

まずは簡単に文字をチェック!「口」といつもどおりに書いてみてください。それでは診断スタート。お金が貯まる文字で一番大事なのは、「口」のように四角い形の文字の左上を開けること。ここはお金の入口と考えられていて、ここがあいているとお金に好かれる文字といえます。でも安心するのはまだ早いです!次にチェックするべきところは下が閉じているかどうか。入ってきたお金が逃げていかないように、下はきっちりと閉じて書くようにするのが大事です。左上があいていても、下があいているとザルと一緒で、どんどんお金が逃げてしまいます。

ちなみに、お金の貯まらない貧乏文字の代表は、先に説明しているとおり、「口」などの下が空いている他、文字が斜めになっているのもNGです。これは、安定した生活よりも、自分の興味やスリルを味わう欲求が高く、失敗するとわかっていても危ない選択をしがちなタイプ。ギャンブラー的な性格を持っているので、お金にも人脈にも見放されてしまう可能性があるので注意してください。

詳細は『レタスクラブ』1/10号をご覧ください。忘年会や新年会でもちょっとしたネタになり、盛り上がること間違いなし!