世界一コーヒーを飲む国・フィンランドのコーヒー事情とは その1
コーヒー (C)Luckshare Trade, All rights Reserved

フィンランドは国民1人当たりのコーヒー豆の消費量が世界一といわれているのをご存知でしょうか?国際コーヒー機関の統計によると、フィンランドの人々はおおよその計算で、日本人の3.5倍ものコーヒーを飲んでいる計算になるんです。

なぜフィンランドではこんなにコーヒーが飲まれているのでしょうか?そこで、フィンランドを代表するコーヒーブランド「ロバーツコーヒー」を日本で輸入・販売し、フィンランドのコーヒー事情に精通している「ラクシアトレード」の熊谷代表にお話を伺いました。

-なぜフィンランドでは、こんなにコーヒーが飲まれるようになったのでしょうか?-

フィンランド人は意外にもシャイな人たちが多く、初対面で積極的にコミニュケーションをとるタイプではありません。そこで「とりあえずコーヒーでも飲みながら」といった感じで、コーヒーを飲みながら話をしています。そういった「コミニュケーションドリンク」としての側面も消費量を押し上げている要素です。家庭でも来客時には、日本でお茶を出すようにコーヒーでもてなします。たっぷり作ってコーヒーポットにいれておくこともあります。また、冬の寒い気候も要因のひとつと言われていますし、歴史的には禁酒法が施行された時代があり、その際に非常にコーヒーが飲まれるようになったという背景(説)もあるようです。

-フィンランドの人が好むコーヒー豆のタイプを教えて下さい。また、好まれる飲み方はありますか?-

もともとは浅煎り(酸味の強い)のコーヒーが好まれていました。現在もスーパーや量販店で販売されているコーヒーは浅煎りのものが多く見受けられます。ただ最近は比較的深めの焙煎も好まれています。(ロバーツコーヒーはフィンランドでは比較的深煎りです。)

飲み方については、フィンランド人は実はけっこう猫舌の人が多いため、熱々のコーヒーを飲むのは苦手で、ミルクをたくさん入れて飲む人が多い傾向にあります。中には相当量のミルクを入れる場面も見かけます。

-季節によって、飲み方の違いはありますか?-

クリスマスの季節にはコーヒーにカルダモンやシナモンを入れて飲みます。これがフィンランドのクリスマスの香りで、家庭でもこのように飲まれます。すでにスパイスをブレンドした商品も売られます。ロバーツコーヒーでは焙煎やブレンドを季節に合うように変えて商品を出しています。例えば、冬場限定のウインターコーヒーはお菓子やケーキに負けないしっかりとした味わいですし、以前はイースターのコーヒーやキャンプ用のコーヒーなどもありました。

-子どももコーヒーを飲みますか?-

日本と同じように、家庭ではあまり飲まないようです。ただヘルシンキの街では中学生くらいの子どもたちが、ロバーツコーヒーのテイクアウト用のカップをもって歩いている光景を見かけます。これはエスプレッソベースにホイップクリームがのったアレンジドリンクだったりするので、この辺は日本の10代と同じような感じでしょう。

-家庭では、コーヒーメーカーでコーヒーをいれることが多いのでしょうか?-

一般的な家庭ではコーヒーメーカーをよく使います。最近ではデパートの家電売り場にエスプレッソマシンもよく見かけるようになりました。驚くのはメーカーやマシンの販売スペースの広さです。家庭用の機器が所せましと置かれています。また、日本ではハンドドリップでコーヒーをおとすことも多いのですが、フィンランドではその文化はほとんどないようです。

-フィンランドの人達はどのようなタイミングでコーヒーを飲みますか?-

ありとあらゆる場面で飲んでいるような印象があります。朝のコーヒースタンドにもよく入っていますし、ビュフェランチでもコーヒーが大きなサーバーに用意されています。実際にオフィスの中は見たことはないのですが、会社にもメーカーがあってコーヒーが用意されているようです。

-「コーヒーのお供」といった食べものはありますか?-

プッラ(pulla)と呼ばれる甘いパンです。またシナモンロールであったり、クッキーやパイであったり。クリスマスの時期でしたらジンジャークッキーなども出てきます。これらは、ホッとリラックスできるコーヒーの時間に欠かせない「コーヒーのお供」です。

その2に続く(その2では…季節による売り上げ変動やコーヒーへのこだわりなどをご紹介します)

写真(C)Luckshare Trade, All rights Reserved