冷蔵庫で眠っている調味料や食材はありませんか?残ってしまいがちなものを、しっかり使い切る方法をご紹介します。

ゆずこしょう

ゆずこしょうは「浅漬け」に少量加えると、大人の味になりますよ。ポン酢しょうゆ大さじ2に対し、ゆずこしょうを小さじ1加えます。そこにきゅうりをまるごと1本漬けます。半日~1日漬ければ完成です。切った白菜を漬けてもおいしいくできますよ。また、ドレッシングを作るときに加えても、ピリリと締まった味わいになります。そのほか、サーモンや鯛のお刺身にわさび代わりにつけて食べるのもおすすめです。

粒マスタード

ゆずこしょう、粒マスタード、オイスターソース…を使い切る! 画像(3/9) 豚のガーリックマスタードソテー
豚のガーリックマスタードソテー

調理:柳原るり 撮影:三村健二

肉などの漬けだれに使いましょう。オリーブ油、白ワイン(なければ酒)、はちみつ、塩、こしょうに粒マスタードを適量加えて漬けだれを作ります。そこにとり肉を1日~2日漬け込みます。フライパンや魚焼きグリルで焼けば豪華なメインおかずになります。そのほか、マヨネーズに混ぜてポテトサラダに加えれば、いつもとひと味違ったポテトサラダになりますよ。

オイスターソース

ゆずこしょう、粒マスタード、オイスターソース…を使い切る! 画像(12/9) 牛肉ともやしの炊き込みご飯
牛肉ともやしの炊き込みご飯

調理:飛田和緒 撮影:白根正治

うまみたっぷりのオイスターソースは、炊き込みご飯の隠し味におすすめです。とり肉やにんじんなどの野菜と一緒に炊けばコクのある、深い味わいになります。また、小鍋にオイスターソースとお湯を入れて沸騰させ、ねぎのみじん切りを加えれば、あっという間においしい中華スープができますよ!

らっきょう

ゆずこしょう、粒マスタード、オイスターソース…を使い切る! 画像(20/9) かつおのらっきょうソース
かつおのらっきょうソース

調理:柳原るり 撮影:原ヒデトシ

らっきようは「和風のピクルス」と考えて、玉ねぎ代わりに活用しましょう。小口切りにしてタルタルソースに加えたり、ポテトサラダにまぜるのもおすすめです。らっきょうの漬け汁は、南蛮漬けのたれとしても使えます。

昆布のつくだ煮

昆布のつくだ煮が残ったら、鯛など、白身魚の刺身で和風のカルパッチョを作りましょう。刺身にオリーブ油と塩をかけ、仕上げに昆布のつくだ煮をトッピングすれば、おもてなしにも使えます。また、ピーマンをせん切りにしてさっと湯通しし、水気をよく切って昆布のつくだ煮とあえれば、お酒によく合うおつまみになりますよ。【レタスクラブ】