長年のサーフィンでも白肌キープ! たった3STEPの「ミルフィーユ塗り」とは
3層目の「UVパウダリーファンデーション」は、塗り固めるようにのせるのがポイント!

イラスト/片山智恵

日差しが強くなってきましたね。日焼け対策は始めてますか? 「UVしてるのに焼けちゃって・・・」と感じるなら、塗り方をより強力にする必要があるかも!? そこで長年のサーフィンで紫外線を浴びまくっているのに、白肌をキープしている美の達人の(秘)ワザ、その名もUVの「ミルフィーユ塗り」を教わってきました!

(1)日焼け止めを3回以上に分けて塗り重ねる方法です。まず軽い感触の日焼け止めを顔全体に塗ります。

(2)1分ほどおいて肌表面がさらりとして(日焼け止めが定着して)きたら、同じものか、よりミルキーな感触の日焼け止めを顔全体に塗り重ねます。

(3)最後は時間をおかずに、UVパウダリーファンデーションを塗り固めるようにのせます。このとき、こすらないように注意。

日焼け止め→日焼け止め→粉体が3層の膜となって、肌をきっちりガード! サーフィンなど水辺に行く際はウォータープルーフの日焼け止めを1~2層に使うのもお忘れなく!【レタスクラブ編集部】