まだ捨てないで!香りが飛んでしまったハーブを甦らせる!
塩豚ポテトソテー

調理:コウケンテツ 撮影:原務

使い切れなくて、香りが飛んでしまったまま眠っているハーブはありませんか?

捨てるのはまだ早い!古くなったハーブは、電子レンジでチン!して香りを復活させましょう!

ドライハーブは使う前に耐熱容器に入れて、ラップをせず、そのまま電子レンジで、15~20秒ほど加熱すると、香りがよみがえりますよ!カレーやシチュー、とり肉や豚肉のソテーなどに使えば、風味が増して、よいアクセントになります。

フレッシュハーブもそのままにしておくと変色してしまうので、使い残したときはドライハーブにして保存するのがオススメです。ハーブは洗って水けを取り、葉の部分を細かくちぎります。キッチンペーパーを敷いた耐熱皿に広げ、そのまま電子レンジへ。20gなら3分ほどの加熱でドライハーブのできあがり。冷蔵庫で1~2週間保存できます。※使う分量によっては焦げてしまうこともあるので、少量の場合は設定時間を短めにして、様子を見ながら加熱してください。

ハーブを使ったレシピをご紹介します。「タイム」「ローズマリー」「バジル」「ハーブミックス」を使ったレシピをご紹介していますが、あまりハーブの種類にとらわれず、いろいろ試してみて、お気に入りの味を見つけてくださいね。【レタスクラブ】