やっぱり「たけのこ」を食べないと、春が来た気がしない
若竹煮

調理:石原洋子 撮影:岡本真直

中国原産で、日本には江戸時代に渡ってきたといわれる「たけのこ」。3~5月が最盛期です。“湯をわかしてから掘れ”といわれるほど鮮度が命。新しいものほどやわらかく、香りもよいので、買ってきたらすぐに調理しましょう。

●選ぶときは

持って重いものが水分たっぷりで新鮮です。全体がずんぐりしていて、切り口がみずみずしく、皮に張りとつやがあるものを選びましょう。時間がたつと風味が薄れてかたくなり、えぐみも出るので、買ったらすぐに調理しましょう。

●「ゆでたけのこ」の中にある白い結晶の正体は?

白い結晶の正体は、うまみ成分のチロシンというアミノ酸。チーズやみその表面に出る白い粉と同じ成分で、ほかのアミノ酸を体内に取り込む助けをします。これが多いほど栄養価が高く、味もいいとされています。加熱すると溶けるので、そのまま使ってOK。洗い落としてはもったいないですよ!

●たけのこの栄養は?

整腸作用を助ける、セルロースなどの食物繊維が豊富。ビタミン類は、量は多くありませんが、B1、B2、Eなどを含んでいます。

ゆで方やおいしい食べ方は下のURLから!もし米ぬかが手に入らない場合は、お米のとぎ汁でゆでればOKですよ!

●干したけのこをご存知ですか?

熊本県や大分県で一般的に売られている「干したけのこ」。たけのこをゆでで天日干しした乾物です。もどすのに時間はかかりますが、生のたけのことはまた違い、滋味あふれた、しみじみとしたおいしさです。物産館などで見つけたらぜひ一度食べてみてくださいね!【レタスクラブ】