いたみにくい「お弁当」の詰め方は?
菜箸を使って詰める

撮影:安井真喜子

今日はいたみにくいお弁当の詰め方をご紹介します。

●お弁当箱を清潔に

お弁当箱に残りかすがついていると、細菌が発生しやすくなります。パッキンがついているものは外して、すみずみまでよく洗いましょう。お弁当箱の耐熱温度を確認して、仕上げに熱湯をかけると安心です。木製のお弁当箱は洗ったら、しっかり乾燥させましょう。

●細菌が繁殖しやすい温度は?

最近が最も繁殖しやすいのが20~35℃といわれます。おかずやご飯はバットなどに広げて、しっかり冷ましてから詰めましょう。冷める前にお弁当箱に詰めると、ふたなどに水滴がつき、最近が活動しやすくなるので注意しましょう。急ぐときは、うちわや保冷剤を利用して冷ましましょう。

●菜箸を使って詰める

手にはもともとたくさんの細菌がついているため、手から移った細菌が繁殖してしまうことがあります。詰めるときは手で詰めずに、必ず菜箸を使いましょう。

●しきりはカップを使う

違う種類の食材が接すると、温度や水分の影響でいたむ原因になります。アルミカップ、紙カップ、シリコンカップなどを使って詰めて、生野菜を仕切りにするのは避けましょう。

●役立つ便利グッズ

・自然解凍OKの冷凍食品が発売されています。凍ったまま入れるとお昼には自然解凍されて食べ頃に。保冷剤代わりにもなります。

・お弁当に細菌が繁殖するのを抑える抗菌シートがあります。ただし、シートは殺菌効果があるわけではなく、細菌の繁殖スピードを抑えるものなので、清潔な環境で調理するなど、基本を守った上で使用しましょう。

・保冷剤や保冷バッグを使って、菌が繁殖しやすい20~35℃になるのを防ぎましょう。保冷材はお弁当箱の底と上の両方に当てると効果的です。袋そのものに保冷効果がある保冷バッグも発売されているので、上手に活用しましょう。

●プラスチックのお弁当箱についたニオイは

ヌルヌルや、においがなかなかとれないプラスチック製のお弁当箱は、米のとぎ汁や、酢を3倍程度に薄めた水に、1時間ほどつけてから洗うとスッキリします。日本酒をつけたふきんでふいてもOKです。

下のレシピでは、まだまだあります!お弁当には欠かせない「卵焼き」のパリエーションをご紹介します♪【レタスクラブ】