夏休みは家族そろって 「ナウマンゾウ」の家族を見に行こう
ナウマンゾウ(オス)

ナウマンゾウ(オス) 復元骨格 神奈川県立生命の星・地球博物館蔵

大人から子供まで、男子のあこがれは大きくて強い哺乳類。約1億2000万年前から日本で進化し、約1万年前までに絶滅して今は見ることができないというのも、ロマンをかき立てられますね! 

東京・上野の国立科学博物館では、7月12日より、『太古の哺乳類展‐日本の化石でたどる進化と絶滅‐』を開催。恐竜の陰に隠れひっそり生きてきた原始的な小動物から、マンモスのような巨大動物まで貴重な化石標本約170点が日本中から集います。

特に日本を代表する太古のゾウ、「ナウマンゾウ」を本展ではおとな(オス・メス)とこどもの全身骨格3体を「家族」と見立てて一緒に展示。それぞれの特徴や違いを楽しめます。特に長いキバを生やしたオスは迫力満点。「なうまん家族」を始めとする、展覧会をサポートするかわいい公式キャラクターもがっちりサポートします。

他にも謎の多い「海獣」パレオパラドキシアの化石標本や、ミエゾウやアケボノゾウなどさまざまな種類のゾウの化石を一同に展示。マンモスや現生のアフリカゾウと比較できるコーナーもあります。夏休み、家族で上野に出かけて「古代の動物園」にタイムスリップしてみては?【レタスクラブ】