面倒くさがり屋さんでも絶対続く!プロ直伝の「ズボラ掃除」テク1
キッチンを使ったら、水で濡らした台ふきん1枚で、簡単に全体の仕上げ拭きをする本多さん。「使用後すぐだとガス台の汚れは落ちやすいんです。汚れたらすぐ!がズボラの早道」

撮影/飯貝拓司

暑い季節は、いつも以上に掃除が面倒。でも、道具の配置の工夫や毎日の習慣を見直すことで、掃除はぐんとラクに! そこで、整理収納コンサルタント本多さおりさんが実践している“ラクなことを習慣にする”掃除テクを教わりました。

自称“ズボラで面倒くさがり”という本多さんですが、お住まいはいつもすっきりピカピカ。ズボラでも家をきれいに保つコツは?

「完璧を目指さないことです。あれもこれも、と思うとハードルが上がるし、きょうは徹底的にきれいに、なんて思うと、掃除はかえっておっくうになるもの。欲張らず、掃除はラクにできることだけで充分と、まずは自分にいい聞かせましょう」

そして、ハードルを下げつつも、きれいを保つには、いかに掃除を日常の習慣に組み込むかが大切だとか。

例えば、本多さんが実践しているのは…

キッチンの汚れは毎日、台布巾1枚ですべて拭く

排水口掃除は週1回、台所用漂白剤にお任せ

顔を拭いたタオルで洗面ボウルを拭く

など。「水滴を見たら、手に持つタオルで自然に拭いている、とか、ティッシュを使ったら、ついでに周りのほこりも拭き取っているとか、動作の延長線上に掃除が自然に絡んでくればしめたもの。やらなきゃいけない、と思うと面倒でも、“ついでにちょこっと”が習慣になれば、きれいを保つのは簡単です」【レタスクラブ】