「とうもろこし」の選び方とおいしいゆで方は?
レンジとうもろこしのバターじょうゆ

レシピ 調理:脇雅世 撮影:竹内章雄

とうもろこしは皮をむくと実の水分が抜けてしまうので、買うときは皮つきのまま買いましょう。皮をむかずに、実のよく入ったものを選ぶには、できるだけ重いものを選んでください。また、とうもろこしは収穫直後から糖分もどんどん落ちるため、買ってきたらできるだけ早く調理しましょう。

ゆでる直前に皮をむきます。熱湯に塩を入れて、7~8分ゆでてください。このとき「ひげ」も一緒にゆでると、ひげに含まれる成分が溶け出して、目にもおいしい黄色に仕上がります。ひげはつけたままゆでても、抜いたひげを束にして鍋の端の方に入れてゆでてもOK。抜いたひげの束はしばったりしなくても、鍋の端の方にまとめて入れれば、とうもろこしには絡まないので大丈夫です。

電子レンジでも手軽においしい蒸しとうもろこしができます。皮つきのとうもろこしならラップは不要。実の部分に皮がぴったりとくっつているので、ラップ代わりになります。1本につき電子レンジで4~5分を目安に加熱してください。皮なしの場合はラップに包んで加熱しましょう。蒸したあとにしょうゆをぬって、軽く焼けば、短時間で焼きとうもろこしになります。

冷めると実がシワシワになってしまいますが、ゆでたて、蒸したてをすぐに一本ずつラップで包んでおくと、水分が抜けないのでシワシワになるのを防げますよ!【レタスクラブ】※電子レンジは500Wのものを基準にしています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。