超!低カロリー野菜「とうがん」をおいしく食べる!
とうがんと豚バラ肉のスープ

調理:坂田阿希子 撮影:吉田篤史

中国に「太りたければ、とうがんを食べるな!」ということわざがあるくらい、カロリーが低い「とうがん」。全体の95%が水分ですが、ビタミンCやカリウムが多く、むくみを解消して体も冷やしてくれる、まさに夏にぴったりの野菜です。

中国では実だけでなく、わたの部分も食べます。さらに漢方の材料として、皮も煎じて飲まれているほか、種も「せきを鎮める薬」として使われていて、捨てるところが全くありません。古代中国では、種の中身で美白クリームを作っていたそうです。楊貴妃が使っていたかもしれませんね。

「とうがん」は日本でも歴史が古く、奈良時代には食べられていました。松尾芭蕉も「とうがん」を俳句に詠んでいますし、江戸の町・本所には、1個をまるごと買えない庶民のために「とうがん」をみそ汁用に切り売りして大金持ちになった、冬瓜 仁衛門(とうがん じんえもん)という人がいたそうです。

切った「とうがん」を買うときは、みずみずしくて、実に張りがあって、変色していないものを選んでください。

煮るときは皮がついていた面が実の方よりもかたいので、そこに浅く切り目を入れると味がしみやすくなり、やわらかく煮上がりますよ。

温かい料理でも、冷たい料理でも「とうがん」の栄養価は変わりません!夏の体を整えてくれる「とうがん」。レシピ参考にたくさん食べてくださいね。【レタスクラブ】