きゅうりの表面についている白い粉の正体は?
豚肉ときゅうりのザーサイ炒め

調理:石原洋子 撮影:三村健二

きゅうりの表面についている白い粉の正体は、かびや農薬ではなく、植物がもともと持っている、水分の蒸発を防ぐ成分「ブルーム」。もちろん食べても大丈夫!ブルームは露や雨の水分をはじいて病気を予防したり、果実の水分の蒸発を防いで新鮮さを保っています。きゅうりのほか、ぶどうやブルーベーリー、プラムやプルーンなどにも見られます。

また、夏場などにいったん溶けたチョコレートが固まった際に表面に出る白い粉も「ブルーム」と呼びますが、これはチョコに含まれるカカオバターの結晶なので、こちらも食べても心配ありません。【レタスクラブ】