包丁いらずのきのこ「まいたけ」のうまみを残さず味わう
ミートボールときのこのトマト煮

調理:伊藤朗子 撮影:福岡拓

「まいたけ」は包丁いらず!石づきがついていないものがほとんどなので、調理するときは食べやすい大きさに手で裂けばOKです。

鍋ものや汁ものにする場合は、水から煮る方が汁にうまみ成分がよく出ます。色が落ちて汁が少し濁りますが、それを防ぎたい場合は、さっと湯どうししてから使いましょう。ただ、その分うまみ成分も少なくなりますので、そのまま使うのがおすすめです。汁もののほか、鍋もの、煮もの、炒めもの、揚げもの、炊き込みごはんなど、何にでも合います。

名前の由来は、舞い上がるほどおいしいから、とか。長年「幻のきのこ」とされてきましたが、70年代中ごろに人工栽培に成功し、年間通して生産されるようになりました。黒いものが一般的ですが、最近は白いまいたけも流通しており、こちらは色落ちしないので、すまし汁などにもおすすめです。

まいたけは、がん予防に効果が期待できるといわれる成分を多く含んでいます。ビタミンでは、B2、Dが豊富で、特に、がんの発生に関与する活性酸素の働きを防ぐビタミンB2の多さは、きのこ類ではトップクラスです。また、体の免疫力を高め、がん細胞を攻撃し、がん細胞の増殖を抑制するとされるβ-グルカン、腸内のコレステロールや発がん物質を吸収して、便と一緒に排出する食物繊維も豊富です。

まいたけは冷凍保存もできるんです。食べやすい大きさにほぐして、ファスナーつき保存袋に入れ、しっかり空気を抜いてから冷凍しましょう。約1ケ月保存可能です。使うときは凍ったまま調理して大丈夫です。

値段も安定していいことずくめの「まいたけ」。ぜひ毎日のご飯に作りに取り入れてくださいね!【レタスクラブ】