「えび」がぷりっぷりになる解凍のしかたは?
えびとアボカドのマヨあえ

調理:市瀬悦子 撮影:榎本修

ぷりっ!とした食感は「えび」の命!解凍時に重曹で洗うと、冷凍えびがぷりっぷりになりますよ!

えびは凍ったままボウルに入れて水をはり、軽くもんで解凍します。尾を残して殻をむき、さっと洗ってボウルに入れて、重曹小さじ1をふりかけます。よくもみ洗いした後、流水で洗います。その後、水気をしっかり拭いて調理してください。重曹の作用でえびに弾力が出ますよ。

冷凍えびを買うときは、できるだけカチカチに凍ったものを選びましょう。小えびはフリーザーバッグに移して冷凍庫へ。そのとき、できるだけ袋の空気を抜いて平らに入れるのがポイントです。買ってから2週間以内をめどに食べきりましょう。

えびは低脂肪で高たんぱくな、ヘルシーな食品なのをご存じですか?たんぱく質のほか、活性酸素から体を守り、老化や生活習慣病を予防するビタミンEや、カルシウムなども含んでいます。甘みを伴うおいしさは、ベタインやグリシンなどのアミノ酸によるもの。ベタインは体内での糖の吸収を遅らせる働きがあり、糖尿病の予防・改善に有効です。血圧やコレステロールを低下させるタウリンも豊富で、動脈硬化の予防や、高血圧の改善にも効果が期待できる、とっても優秀な食材です!ダイエットしたいときは、ぜひ「えび」を食べましょう!【レタスクラブ】