「食べる美容液」ニュージーランドのアボカドが旬です!
アボカドトースト

ニュージーランド産のアボカドが旬です!今年はお天気にも恵まれ、史上まれにみる大豊作となったそうです。来年の1月まで、フレッシュなアボカドが日本に向けて輸出されます。

アボカドはまさに「食べる美容液」。20種類以上のビタミンやミネラルが含まれるスーパーフルーツです。“若返りビタミン”と呼ばれるビタミンEが豊富で、体内から肌をきれいにしてくれます。また、紫外線によるダメージから肌を守り、活性酸素の発生を防ぐ「食べる日焼け止め」でもあります。

とても良質なオイル分とオメガ酸が含まれ、コレステロール値も抑えてくれます。食物繊維が腸の調子を整え、オイル分も便秘に効果があります。さらに血糖値の急な上昇も抑えてくれる、いいことずくめの果物です。(アボカドは野菜ではなく果物なんです)

ニューシーランドの果物の輸出量は1位がキーウィ、2位がりんご、3位がアボカドで、アボカドはとてもメジャーな輸出品。ニューシーランド産アボカドの特徴は、生産者協会が栽培・収穫・梱包・輸送まで、とても厳しい基準で品質・安全管理を行っていること。さらにニュージーランドのアボカドは他の生産地に比べてオイル分が多く、濃厚でクリーミーなのが特徴です。また、ニュージーランドは日本と近いため、とてもフレッシュで瑞々しく、香り豊かなものが届きますので、お店で見つけたら、ぜひ食べてみてくださいね!

●選び方と食べ頃の目安は?・・黒くつややかで、持ってみて皮にハリと弾力があるものを選びましょう。へたの周りと皮の間に1mmくらいのすき間ができているくらいが食べ頃です。

●まだ青いときは?・・まだ青い場合は室温に置いて追熟させましょう。20~25℃で追熟が進み、1~2日で黒く熟します。追熟を止めたい場合は冷蔵庫の野菜室に入れれば、状態を保てますが、乾燥してしまう場合もありますので、熟したら早めに食べましょう。

「アボカドトースト」を作りませんか?ニュージーランド大使館のジェイソン・リーヴス参事官が簡単でおいしい「アボカドトースト」の作り方を教えてくれました。焼いた食パンに、アボカド(約1/2個)をスプーンやバターナイフですくって塗ります。その上に黒こしょうを挽いてできあがり!お好みで塩少々を振っても。朝食にぴったりですので、ぜひお試しください。【レタスクラブ】