ヨーグルトを冷蔵庫のドアポケットに入れていませんか?
スイートポテサラ

調理:村田明彦 撮影:木村拓

ヨーグルトを冷蔵庫のドアポケットに入れていませんか?実はドアポケットは開閉で温度が上がりやすいうえ、振動で水分が出やすい場所なので避けましょう。

乳酸菌は買ったあとも生きた状態なので、湿度が高いと活動が活発になって発酵が進み、酸っぱくなったり水分が出てしまいます。乳酸菌の活動を止めて新鮮に保つには、冷凍ちょっと手前のチルド室やパーシャル室がベストです。チルド室やパーシャル室がない場合は中の棚に置きましょう。パーシャル室やチルト室は温度調節を「強」にしていると、凍ってしまう恐れがあり、中の棚も送風口のすぐ前に置くと凍ってしまう場合があるので気をつけましょう。また、乳製品は他の食品のニオイを吸収しやすいので、ニオイが移らないよう、ふたをきちんと閉めて保存してくださいね。

ヨーグルトが体に良いのはもちろんですが、マヨネーズの代わりに使うとカロリーが抑えられるほか、肉を柔らかくする働きもあります。下のレシピを参考に、お料理にも生かしてくださいね!【レタスクラブ】