ずっと使える!「ゆず」と「レモン」の保存法
ほうれん草のゆずびたし

調理:牧野直子 撮影:澤木央子

「ゆず」と「国産レモン」が旬です。ただ、かんきつ類は冷蔵庫に入れておくと、干からびて香りがなくなってしまうし、使いかけはカビやすく保存がききません。でも汁も皮も冷凍できるので、使い切れないときはフレッシュなうちに以下の方法で冷凍保存しましょう!

◆果汁を最後までむだなく絞るには?・・レモン、ゆず、すだち、カボスなどのかんきつ類は、電子レンジでラップをかけずに1個につき20~30秒くらい加熱すると果汁が出やすくなって、最後までむだなく、しっかり絞れます。電子レンジがない場合も、テーブルなどの固いところに手のひらで押しつけながら転がすとやわらかくなって果汁が絞りやすくなりますよ。

●ゆずの冷凍方法・・絞り汁は、茶こしや小さいざるなどでこして種を取り除きます。小さめの保存容器の内側にラップを敷き、絞り汁を流し入れて凍らせます。使うときはラップごと取り出して使いましょう。皮は、水で洗ったあと、水けをよくふいて、薄くそいでせん切りにします。再度ペーパータオルで水けをよくふき取って、できるだけ空気を抜いて冷凍用保存袋へ入れて冷凍しましょう。

●レモンの冷凍方法・・絞り汁は茶こしや小さいざるなどでこして種を取り除き、冷凍用保存袋に入れて、薄く平らにして冷凍保存しましょう。レモン汁は厚く凍らせると砕きにくいので、薄く凍らせるのがポイントです。使いたい分量を砕きながら使ってください。皮を保存する場合は、必ず国産レモンを使いましょう。ゆずと同様に薄く皮をそいでせん切りにするか、黄色の部分のみをすりおろしてラップに包んで冷凍保存しましょう。

ゆず、レモンともに、絞り汁、皮を冷凍すると、3週間~1ケ月もちます。【レタスクラブ】