土鍋を長持ちさせる、ふだんの使い方
豚の酸辣(サンラー)鍋

調理:外処佳絵 撮影:白根正治

今の季節に大活躍の土鍋。ふだんの使い方で、長持ちするかどうかが決まります!

土鍋が一番嫌うのは空炊きや、急激な温度変化。何も入れずに熱したり、使用後、急に水につけたりすると割れる原因になってしまいます。また、水気が残っていると、カビが生えやすくなるので、洗ったあとはしっかり乾かしましょう。特に底は厚くて乾きにくいので、ひっくり返して乾燥させ、完全に乾いてからしまってください。

こんなときはどうする?

●においが気になる場合は、緑茶を飲んだ後の茶殻を入れて煮るとにおいが気にならなくなります。このとき、お茶の成分が多く残っていると、土鍋にお茶の色がついてしまうので、必ず出がらしを使ってください。

●カビが生えてしまったときは、土鍋に七分目ぐらいの水を入れ、酢大さじ2~3を入れて10分ほど煮ます。カビの黒い色が残ることもありますが、消毒・殺菌はできています。

●ひびが入ったり、水漏れしてきた場合は、「目止め」をしましょう。土鍋の八分目まで水かお湯を入れます。そこに鍋の1/5ぐらいまで残りごはんを入れて弱火にかけます。吹きこぼれないように弱火のまま40分ほど炊きます。充分とろみがついたら、そのまま1時間ほど置き、完全に冷めてからおかゆを取り、水洗いしてしっかり乾かしてください。おかゆのでんぷん質が土鍋のひびをふさいでくれます。一度で問題が解消しない場合は、何度も繰り返してください。【レタスクラブ編集部】