クタッとなった「水菜」をシャキッ!とさせておいしく食べる
ツナと水菜の和風サラダ

調理:市瀬悦子 撮影:榎本修

旬の水菜。サラダや鍋など色々使えて便利です。もしクタッとしてしまったら、袋から取り出し、水を入れたボウルに株のまま根元をつけてしばらく置くと、張りが出てシャキッとしますよ。

水菜は冬の京野菜の代表格で「京菜」とも呼ばれ、葉に細かい切れ込みがあるのが特徴です。「みぶ菜」は水菜の仲間で、切れ込みのない丸い葉をしています。

水菜は栄養バランスがとてもいい野菜で、カロテンやビタミンCが豊富です。さらに鉄やカルシウムなどのミネラル類や食物繊維、貧血予防になる葉酸のほか、ポリフェノール群も含まれ、美肌効果も期待できます。買うときは、葉の緑色が鮮やかで葉先までみずみずしく、茎は張りがあるものを選びましょう。

栄養満点の水菜。下のレシピを参考にたくさん食べてくださいね。煮ものや鍋に入れるときは、さっと煮るくらいにして、煮すぎに注意してください。【レタスクラブ】