朝漬けて夜焼くだけ!スピードおかず
「シャリアピンポークステーキ」玉ねぎとにんにくたっぷり甘辛だれでご飯が進む。

調理/市瀬悦子 撮影/白根正治

忙しいなか、夜ごはんづくりはスピード勝負。手早くつくるには、朝の下ごしらえが肝になるので゛漬けて焼くだけ″のおかずがお勧めです。肉や魚、野菜をたれにつけておけば、夕方にはしっかり味がしみ込みおいしくなっているうえ、すぐに作れて一石二鳥!

豚肉を玉ねぎのみじん切り、おろしにんにく、しょうゆ、砂糖、粗びき黒こしょう、オリーブ油で作ったたれに漬けておけば、焼くだけで「シャリアピン風ポークステーキ」の完成です。玉ねぎがたっぷり入ったたれに漬けておくと、肉が柔らかくなり、おいしさもアップ。

子どもに大人気なバターチキンもすぐできます。とり肉をバター、おろしにんにく、塩、粗びきこしょう、パセリのみじん切りで作ったたれに漬けて焼くだけ。「グリルバターチキン」の出来上がりです。

3月10日発売の『レタスクラブ』では、漬けて焼くだけスピードおかずのレシピを紹介しているので、ぜひチェックしてみて。

【レタスクラブ編集部】