実はヘルシーで経済的!後片付けも簡単!フライパンで揚げもの
「豚のわらじ揚げ」。しょうが、ごま油、酒、しょうゆ、オイスターソース、カレー粉などを混ぜたたれに肉をつけて作る、スパイシーなカツ。

調理/堤 人美 撮影/澤木央子

揚げ鍋を使わず、いつものフライパンで作る揚げものは、油が少なくてすむので経済的。しかもフライパンが平たい特製を生かして、平たく大きな揚げものを作れるので、家族が喜ぶビッグサイズのカツや春巻きができます。

豚とんかつ用肉をめん棒などでたたき、約3倍の大きさにしてからころもをつけて揚げると、「豚のわらじ揚げ」の完成!「ミルフィーユ春巻き」は、春巻きの皮の上に具を広げ、さらに春巻きの皮、具、春巻きの皮の順に重ねて揚げるだけ。1つ1つ包むより手早くできるのもうれしいところです。

詳しい作り方は、4月10日発売の『レタスクラブ』の「フライパン1つで100レシピ」で紹介しているので、ぜひチェックしてみて。そこではトッピングやたれでの味変えも紹介しています。

【レタスクラブ編集部】