面倒なお弁当作りを5分で完成させる秘策とは?
人気のタイ料理をお弁当で楽しもう!のっけスタイルの「ガパオ弁当」

調理=ヤミー、撮影=澤木央子

健康ブームや経済的な理由で、お弁当を会社に持参している人が増えいてる近年。食べるだけの人はラクだが、作る側からしてみると、忙しい朝に毎日作らなければならず、気が重くなる人も多いのでは?そんな悩みを解決してくれる秘策があった!

まずは「前の晩の下準備でのっけ弁当」。前の晩に食材を漬汁に漬けておき、翌朝は炒めるなど加熱して仕上げるだけ。弁当箱にご飯を詰めて、炒めた食材をのっけてしまえば、丼スタイルの弁当が完成。漬汁の種類を和洋中など用意して、食材を代えればバラエティに富んだ丼ができ、毎日でも飽きずに食べられる。

そして「同時調理で2品」テクもおすすめ。フライパンや電子レンジを使い、同時調理でメインおかずとサブおかずの2品を作る。例えば、メインとサブの食材をフライパンで同時に加熱し、サブの食材は先に取り出て調味し、メインは時間差で調味して仕上げていくテク。電子レンジでも同様の手順で行なう。これなら、肉や魚を使ったメインおかずと野菜を使ったサブおかずが短時間で完成し彩りも美しい。

毎日のことだから手間はなるだけかけたくないがおいしい弁当が作りたい…と思うのは、多少わがままなような気もするが、それもお弁当を楽しみにしていてくれる相手を思ってこそ。5分で完成できる弁当をぜひ一度作ってみてほしい。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】