“おにぎらず”をたったの5分で作る驚き(!?)の方法
おにぎらずは、断面のかわいさもポイント。「焼きランチョンミートのおにぎらず」は、うずらの卵がのぞいて楽しい!

調理=ワタナベマキ、撮影=澤木央子

まだまだ人気の“おにぎらず”。にぎらずに、のりにご飯や具をのせて包んでラップで包むだけ!そんな手軽さがウリだ。実は中の具を作るのが面倒なんじゃないか…との声もよく聞く。おにぎらずこそ簡単に作りたい!そこで、5分で作れる方法を考えてみた。

それは、市販品の活用。ただ使うだけでは、テクがないためさみしい。ちょっとしたコツでぐっとおいしくなるワザをお教えしよう。

はんぺんやランチョンミートなどの加工品は、焼き色がつくくらいに焼いて香ばしさを出す。このひと手間で、風味がぐっとよくなるのだ。また、マヨネーズにわさびを少し入れたり、明太子で味を決めるなど、味のメリハリをつけることも大切だ。

もちろん、彩りのバランスも忘れずに!ランチョンミート、うずらの卵、緑野菜といったように、赤、黄、緑あたりの色を意識して合わせるといいだろう。これらのポイントを押さえれば、市販品を使った手抜き感がまったくなくなる。しかも5分で完成!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】