イケメンエリートなのに「恋」知らず!?な残念男子『関根くんの恋』の関根くんにはトキメキしかない/【連載】このイケメン(マンガ男子)を見よ!(2)
『関根くんの恋』河内遥著 太田出版

(C)河内遥/太田出版

イケメンのエリートサラリーマン、なのに世にも稀なる「残念な男」というキャッチコピーがつく男……それが『関根くんの恋』の主人公・三十路の関根くん。女子は勝手に寄ってくる。勉強も仕事も、ただやる。やればすぐできる。完全なる受け身人生。自分から恋することも、やりたいことも、なんにもない。そんな空っぽな自分に悩んでもいて、すぐ涙ぐんじゃいます(またそれを平気で女子に見せるんだもの!)。

しかし! 関根くんが初めて恋をします。お相手は手芸店勤務のなごみ系ナチュラル女子・サラちゃん。でも関根くん、とても鈍感なので自分の恋心に気づかない。関根くん、その感情を「恋」って呼ぶのよ、と声をかけたくなります。恋をした関根くんの行動は超ドラマチック&ロマンチック。どしゃぶりの雨の中、駆けつける。ベンチにハンカチを敷いて座らせる。花束の中から一輪抜いて、すっと女子の髪にさす。でも、本人はモテ行動と思っているわけではなく、無自覚にスマート。サラちゃんには「天然ジゴロ」と思われて、全然恋心が伝わりません。スペック&スキルを肝心な場面でまるで生かせない、まさに残念な男! メアドを半年以上も聞けないのに「見せたい景色」を携帯で撮りまくっているとか、もう、もどかしい! 読みながら、サラちゃんにも「あなたも気付いてよ。私ならすぐ気付いてあげられるのに!」とちょっと怒りが……(この感情は親心?)。

最新巻では、この状況に耐えかねて、ついに攻める(壁にドンと両手をついてサラちゃんを囲い込む! キャー!)んですが、まだまだ危なっかしい! 読むほどに関根くんから目が離せなくること受けあいです(やっぱり親心、じゃなくて恋心!?)。


【今回のイケメン】『関根くんの恋』の主人公・関根くん:無自覚モテ、発動! サラの祖父のお見舞に花束を持参した関根くん。急きょ、別の人にあげることにし、「ジジイの快気祝い」にと1輪だけ抜く。で、「あんた持っといて」と皿の髪に挿す! 「天然ジゴロ 危険だなー」とサラ。ほんと、近寄ると危険です(好きになっちゃう!)。


※このコラムは『レタスクラブ』2012.12.10売り号に掲載されたものです。