秘めた恋に苦悩する、エキゾチック男子『夢の雫、黄金の鳥籠』のイブラヒムなら不倫もok!/【連載】このイケメン(マンガ男子)を見よ!(3)
『夢の雫、黄金の鳥籠』篠原千絵著 小学館

(c)篠原千絵/小学館

「夜のように黒い髪…夜よりも黒い瞳――…」。襲われそうになったところに美しい男が現れ、マントをひるがえし、ターバンを乱し、暴漢を蹴散らす! それが、イブラヒムと少女・ヒュッレムとの出会い。こんなの、恋するに決まってます!! が、ことは簡単には運びません。なぜならここは、16世紀のオスマントルコ帝国。ヒュッレムは奴隷、イブラヒムは皇帝の側近なのです。ヒュッレムを"買い"、皇帝の「妾(めかけ)」として育て上げ、献上してしまいます。

影のようにひたりと皇帝に寄り添い、請われれば有効な助言を与えるイブラヒム。頭脳派でありながら、必要とあらば血なまぐさいことにも手を染める大胆さも持っている。清廉で、出過ぎず、多くを望まず。ヒュッレムには「身を立てなさい」と助言を与え、ピンチの時には(馬で!)駆けつけたりもします。ただ全ては、敬愛する若き皇帝のために――! 

ところが、「出世したら皇帝の妾を賜ることができる」と彼女との恋が成就する可能性に気付いた時、イブラヒムに男スイッチが入ります。皇帝ともヒュッレムとも「目があわせられない」。初めて秘密を持った男の、伏し目がちな悩ましい横顔のセクシーなことといったら!

でも……皇帝・スレイマンもとんでもなく魅力的なのが、この作品の罪なところ。卑近なことには目もくれず大局を見て、賢くて、冷徹で(そして金髪のイケメン)。しかも、自分の妾と側近が惹かれ合っていることに気付き、それを楽しんでもいるという余裕っぷり。イブラヒムとは逆のワルい男です。正直なところ、スレイマン様かイブラヒムかで、わたくし、未だ揺れております(勝手に)。ぜひみなさまも二人の間で揺れてみてください!


【今回のイケメン】『夢の雫、黄金の鳥籠』のイブラヒム:この、伏し目がちな黒い瞳がたまりません! ヒュッレムに強く生きよと助言する時の厳しい目もいいんですよね……。また、イブラヒムに恋しながらも皇帝の腕に抱かれる心地よさも感じ、妾同士の争いをしなやかに勝ちあがっていくヒュッレムも「いい女」です!


※このコラムは『レタスクラブ』2013.1.10売り号に掲載されたものです。