完璧男子より、ダメなとこ満載の意外性男子『タッチ』のタッちゃんにこそ母性愛は刺激される/【連載】このイケメン(マンガ男子)を見よ!(4)
『タッチ 完全復刻版』 あだち充著 小学館

(c)あだち充/小学館

タッちゃん、カッちゃん、南ちゃん。この三人の名前を聞いただけで『タッチ』のストーリーがするっと思い出せる方も多いのでは?

野球部のエースで成績優秀、まじめでやさしい弟・和也と、エッチでふまじめな兄・達也の双子。当然モテるのは弟・カッちゃん。でも後半、亡くなったカッちゃんの跡を継ぎ猛然と努力し、南ちゃんを甲子園に連れて行く、そんなタッちゃんが素敵よね……と思っていたあなた! 確かにそうです。が、実は前半からタッちゃんは、いい! すごくいい!

カッちゃんだけがちやほやされてもひねくれるどころか「わが弟ながら、文句のつけようがない」とむしろ誇らしげ。マイペースを貫く、という思春期男子とは思えぬ大物ぶり。さらに、そりゃ南ちゃんも惚れるわ、と思わせるエピソードも満載。高熱のある自分にいち早く気付き「ばかやろ!いつもおまえは倒れるまでガマンしちまうんだから」なんて保健室に連れて行く。さらにほめられたことしかない学校のアイドルである自分を、厳しく叱って時には平手打ちまでしてくれる……ふだんは「我関せず」って感じなのに、ですよ!? やっぱり女は予想通りのことしかしない完璧な男(カッちゃん)より、「ときどきわけのわからないことやるからなァ」(by南)な意外性とポテンシャルのある男(タッちゃん)に惹かれるものですよね……。

そして、「女には母性愛というものがあってだな―― ときには男の欠陥が強力な武器になることだってあるんだ!」(by南のお父さん)。そう、「私がいないとダメなのね」って思わせる男は、いい! タッちゃんには私がいないと……って、あ、南ちゃんがいるんでした。戦意を喪失させる女子ですねえ。くーっ!


【今回のイケメン】『タッチ』のタッちゃん:『タッチ』の26年後の明星学園を舞台にした『mix』が連載開始、あらためて注目が集まっています(44歳の三人はまだ登場せず)! 大人になって読み返すと、南ちゃんは最初からタッちゃん一筋だったこともよくわかって、片想いに耐えるカッちゃんのけなげさにも惚れました。ちなみに表紙中央がタッちゃん(兄)、左上がカッちゃん(弟)。


※このコラムは『レタスクラブ』2013.2.10売り号に掲載されたものです。