今年のクリスマスはヨーグルトスイーツで決まり!
「ヨーグルトショートケーキ」。重ねるだけで作れるから、子どもと作っても

調理=飯塚有紀子、撮影=公文美和

クリスマスなどのパーティーで、こってりしたごちそうを食べることが多いこのシーズン。食後のデザートは、ヨーグルトを使った、ヘルシーで軽やかなスイーツを用意してみては?

ヨーグルトを使ったスイーツでも、一番簡単なのが「ヨーグルトショートケーキ」。ヨーグルトと生クリームを合わせると、口当たりが軽く、カロリーも低いホイップクリームが作れる。このクリームと市販のスポンジを皿の上で重ねるだけで、テーブルが華やぐクリスマススイーツが出来上がる。

もう少し手をかけて作るなら、「ヨーグルトティラミス」もおすすめ。マスカルポーネチーズの代わりに、気軽に手に入って低価格なヨーグルトを使うから、見栄えが良いだけでなく、コストパフォーマンスにも優れている。型紙で星型に粉糖をふれば、ぐっとクリスマスムードのスイーツになる。

ヨーグルトでスイーツを作るときに気を付けたいのが、水分量だ。特にヨーグルトと生クリームを合わせるスイーツは、生クリームだけで作るよりも、柔らかくて崩れやすい。しっかりと水切りをして作るのが、きれいな仕上がりを保つコツだ。

ヨーグルトが腸に良いということは常識だが、免疫力をアップさせる効果もある。食べ物に直に触れる腸は、実は病原体の入り口。ヨーグルトは腸を整えることで、体内に病原体が入り込まないようにしてくれる。風邪をひきやすいこの時期、ぜひ食べてほしい食材だ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】