ダイエット中でもOKの「カツ」があるらしい!
揚げないとんカツ

調理=市瀬悦子、撮影=福尾美雪

ダイエットしなくては!と思っている人は多いはず。質素な食生活が基本だが、料理研究家で無類の肉&揚げもの好きである市瀬悦子さんが考案した、ダイエット中でも食べられる「カツ」があるのだとか!普通のとんカツよりも、186kcalもカロリーオフするという、その手法とは…?

【1.パン粉をいる】パン粉は油なしでいる。あとで蒸した肉にまぶしてからもう一度焼くので、「こんがり」の一歩手前でOK。

【2.肉は蒸し焼きにする】豚肉は油なし、少量の水で蒸し焼きに。こうすることで、豚肉がふっくらやわらかくなる。

【3.ころもをつける】蒸し焼きにした豚肉に水溶き片栗粉を薄くぬり、いったパン粉をまぶす。側面までしっかりと手で押しつける。

【4.少ない油で焼く】ころもをつけた豚肉を、小さじ1の油で焼く。パン粉がカリッとし、揚げたような仕上がりに。

これで作れば、揚げていないのに、カリッとジューシーな「カツ」が出来上がる。この手法を用いれば、豚とんカツ用肉をとりむね肉に変えたカツも作れるし、薄切り肉で野菜を巻いて作る巻きカツも作れるというわけ。ぜひお試しあれ!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】