女「だから」恋しちゃう! 麗しの近衛連隊長どの『ベルサイユのばら』のオスカルさま/【連載】このイケメン(マンガ男子)を見よ!(5)
『ベルサイユのばら(文庫刊行15周年記念新装版) 池田 理代子著 集英社

(c)池田理代子プロダクション

「だがわすれるな! わたしは女だ」。

ガ、ガーン……。「どうかいつまでもおそばに置いてください! わたし……オスカルさまが……」と涙ながらに恋心を告げた、素朴な少女・ロザリーにこう言い放ったオスカルさま(絶対「さま付け」になっちゃいますよね!?)。わかっています、わかっていますとも。でも好きなんだもの! ロザリーに気持ちを重ねてオスカルさまに恋し、破れた、という女性読者のみなさまはさぞ多いことでしょう。もちろん私もです!!

オスカルさまは、こうしてロザリーを冷たく突き放しておいて(というか「事実」を告げ、ちゃんと嫁に行って幸せにおなり、というやさしさなんですが)、後日、こんなこともしてくださいます。「こっちへおいで」と抱き寄せ「もし 私がほんとうの男性だったら……まちがいなくおまえを妻にするよ……ほんとだ」とささやくのです。もう~そんなことされたら余計好きになっちゃうじゃないですか!

18世紀、革命直前のフランスで、貴族の娘として生まれるも、男として軍人として生きることを選ばざるを得なかったオスカルさま。男性と同等に扱われることを望みながら、「あなたに女のこころを求めることは無理だったのでしょうか」とアントワネットから言われて激しく落ち込んだりもする。突き上げるようにやってくる「自分は女だ」という感情と、闘い続けるオスカルさまなのです。こうして「男」と「女」の間で揺れ動く姿こそが、このお方の魅力。「なぜ女なんかにお生まれになったの…!?」(byロザリー)ではなく、「女だからこそ」、私たちはこんなにもオスカルさまに恋してしまうのだなあ、とあらためて思うのでした。


【今回のイケメン】『ベルサイユのばら』のオスカルさま

「一見氷のようにひややかなくせに……胸の中はまるで炎のように燃え盛っている」(byアンドレ)、オスカルさま。麗しい……。昨年40周年を迎えた『ベルサイユのばら』。文庫版の装丁もリニューアルされ、読む時のときめきが倍増! 久しく読んでないという方、ぜひ、いま!


※このコラムは『レタスクラブ』2013.3.10売り号に掲載されたものです。