レトロかわいい!フルーツサンド人気が再燃!
大きめフルーツをたっぷりの生クリームでサンド

調理=本間節子、撮影=宗田育子

ホットケーキ、バタートースト、ナポリタン……など、喫茶メニューに注目が集まる今日このごろ。そんななか、じわじわと人気が再燃しているのがフルーツサンド。生クリームとフルーツを食パンではさんだ、いたってシンプルな昔ながらのおやつだ。フルーツの切り口や色どりなどかわいらしいルックスは、なぜが見るとテンションがあがってしまう魅力がある。某お菓子教室でも、フルーツサンドのレッスン時には、いつもにも増して生徒から歓声が上がったとか。

フルーツサンドはもちろん自分で作ることができる。基本の材料は好みのフルーツ、泡立てた生クリーム、食パン。おいしく作るコツは1:フルーツはごろごろと大きめにカット 2:生クリームはたっぷり使う 3:食パンではさんだら、ラップでぴっちりと包んで冷蔵室で約30分冷やす、の3点。

生クリームに溶かしたチョコレートや市販のプリンを加えてみたり、パンをロールパンやブリオッシュに替えるなど、自由な発想でアレンジを楽しむことができるのもフルーツサンドのいいところ。この春は自分好みのとびきりのフルーツサンドを作ってみては? お花見の際に持っていけば、うけること間違いなし!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】