施行目前!電力自由化、賢く電力会社を選ぶには?
4月から始まる「電力自由化」。どの会社がおトクなのか、比較するのも一苦労なのでは?

携帯電話各社のCMでもすっかり聞き慣れたフレーズになった「でんき」。最初は電力会社でもないのになぜ?と思われた方も少なくないはず。これまで家庭向けにおいては、エリア特定の電力会社しかできなかった「電気の売買」が、4月からは様々な企業が行えるようになり、各社こぞってCMを開始している。自由化ということは、電気代が今よりもおトクになることがある、ということ。では、おトクな会社を選ぶには、どのようなポイントがあるのだろうか?

実は、電力自由化とは「電気を売る」部分だけが自由化されており、「電気を作って運ぶ」部分に関しては、既存の電力会社の仕組みを利用する。そのため、単純に電気代だけ比べても、安さはさほど変わない。電気代をおトクにするには、大きく「ポイント還元」と「サービス割引」の2つがチェックの基準となってくる 。

【ポイント還元】

電気代の金額に合わせて、Tポイントや楽天ポイント、Pontaポイントなどに還元されるプランが発表されている。電気代はそのままは変わらなくても、ポイント還元率によっておトク度が変わってくるということ。電気の使い方にあわせて、どれくらいのポイントがつくかをしっかり調べておく必要がある。

【サービス割引】

携帯電話会社であれば携帯電話とセットで利用できるセット割や、石油会社であればガソリンが1リットルあたり◯円割引など、各社のサービスと合わせて利用することで割引が受けられる。利用している携帯電話、インターネット環境、石油会社や旅行会社といった、自分の生活にあわせた電力会社選びというのも、おトクになるポイント。

とはいえ面倒くさい電力会社選び。ぱぱっと比較するには?

数多くある電力会社の中から最もお得なものを選ぶにも、時間と労力がかなりかかるもの。1つ1つ見て調べていくのはちょっと...という方にオススメなのが、「電気プラン比較サイト」。

電力比較サイト「エネチェンジ」もそんなサービスの1つ。31の電力会社が提供する、合計166のプランを比較できるこの。比較には「郵便番号」や「今現在の電気 の利用状況」などの10項目を入力するだけ。これだけで、年間どれくらいの電気代が節約可能か、どんなポイントが貯まるのかなどが一発で比較できる。

簡単な入力で、すぐに比較ができるサイトなどを利用して、来月からの電力自由化に向けてプラン選びの参考にしてほしい。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】