チョコレートとコーヒーが夫婦仲も円満にする?
「チョコレート」と「コーヒー」の組み合わせが好きな主婦は8割以上。リラックスに欠かせないアイテムである

家事などがひと段落して生まれる自由な時間。趣味に没頭するのもいいが、そこまで時間がないことも多い。主婦はどんなリラックスタイムでストレスを発散しているのか?

株式会社ロッテの調査によると、主婦の三大ストレス要因には「家事」「夫との関係」「親子関係」があげられ、家事の中でも「掃除」「炊事」にストレスを感じているという回答が多かった。夫が「掃除」「炊事」を手伝うことで主婦のストレス度合が下がるという回答も。

一方、1日のリラックスタイムは「2時間未満」が約6割。「もっとリラックスタイムが欲しい」との声も約8割あり、時間的には充分とは言えなさそうだ。

リラックスタイムに何をするか尋ねたところ、一日にリラックスする時間のあるなしに関わらず「ゆっくりお茶を飲む」がTOP。「テレビを見る」「お菓子を食べる」などのプチリラックスタイムを過ごす傾向。お菓子を食べるタイミングとしても「リラックスしたいとき」が最も多く、お菓子でストレスを解消している事が伺える。そしてリラックスタイムに食べるお菓子は「チョコレート」が一番多く、「チョコレート」と「コーヒー」の組み合わせが好きだという主婦は8割以上にものぼった。

リラックスがもたらす影響やリラックスと夫婦の相関性について、医学博士の米山公啓さんは、「現代の日本社会の背景として、ほとんどの人がリラックスを求めている。中でも主婦は家事や育児等、時間に追われていることが多く、ストレスを感じている。強いストレスがあると相手に対して攻撃的になり、話を十分に聞く余裕がなくなってしまい家庭不和につながりやすい。」と述べている。

「チョコレートとコーヒーを摂取する場や時間を設けることで、雰囲気が和らぎ夫婦の会話が増えたという例もある」とのこと。チョコレートとコーヒーは、夫婦のコミュニケーションツールとしても効果があるようだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】