1日に必要な野菜の量、10人中9人は足りてない!?
1日に必要な野菜の摂取量、回答者の3割が「十分食べている」と誤認していた

バランスの取れた食事に重要な役割をはたしている野菜。国民の健康増進に寄与貢献していく5 A DAY運動を行うことを目的に活動する一般社団法人ファイブ・ア・デイ協会が、先ごろ「野菜摂取ならびに食生活に関するWEB調査」を実施した。それによると、野菜摂取目標量(350グラム以上)を「知らない」と回答した人は54%、野菜を目標量食べていないにも関わらず「十分に食べている」と誤って認識している人は31%、目標量を摂取している人は全体の7%しかいない結果となり、深刻な野菜摂取不足の現状がわかった。

この結果を受け、ファイブ・ア・デイ協会では、消費者への定期的かつ継続的な健康喚起の機会をつくるため、31日を「菜の日」として制定。“月末は「カラダ決算日」”とし、食品メーカーや小売業者と連携して普及や定着を目指すこととなった。

「自然を、おいしく、楽しく。」をブランド・ステートメントに掲げ、あらゆる形で野菜摂取啓発に関する取り組みを行ってきたカゴメ株式会社も、この取り組みに賛同。同社が展開する生鮮野菜や野菜飲料をはじめとする野菜関連商品で摂取を推進できるよう、今回発足された「菜の日」プロジェクトと連携して、野菜摂取の底上げを図るという。

意外と足りていない野菜。飲料や関連商品、また「菜の日」などもきっかけにして、積極的に野菜を口にする食生活を心がけよう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】