春に作りたいお弁当おかず~春キャベツのごま塩サラダ
新キャベツのごま塩サラダを副菜にした、豚肉とマッシュルームの串焼き弁当。

暖かくなってくると店頭でよく見かけるようになる春キャベツは、生のままその甘味を味わいたい食材だ。今回は、身近にある材料で作るお弁当のおかずにぴったりのサラダをご紹介。

このサラダは柔らかい春キャベツを手でちぎれば素材の準備は終わり。ただ、柔らかいとはいえ、塩をして少ししんなりさせると食べやすい。キャベツから出た水分は取り除く必要があるが、風味を逃さないように絞り過ぎに注意しよう。お弁当に入れる前に、ペーパータオルで水気を取ると安心。調味料の分量は、キャベツの重さに対して1~2%の塩、キャベツの葉1枚に対して、ごま油・白いりごまを各小さじ1、という目安で覚えると簡単だ。

新キャベツのごま塩サラダのレシピ

<材料>春キャベツ2枚、塩小さじ1/4~1/2、ごま油小さじ2、白いりごま小さじ2、塩(味付け用。好みで)

<作り方>(1)キャベツをひと口大に手でちぎり、大きなボールに入れる。(2)塩を加え全体をよく混ぜて、キャベツに塩がまんべんなく行きわたるようにし、冷蔵庫で15分おく。(3)キャベツがしんなりしたら、水気が多い場合は軽く絞り、少ない場合はペーパータオルでふいて、ボールに戻す。(4)ボールに、ごま油、ごまを加え、全体によく絡まるよう混ぜる。味をみて足りなければ塩で味をととのえる。

<こんなお弁当できた!>春キャベツのごま塩サラダを副菜にしたお弁当の献立は以下のとおり。

豚肉とマッシュルームの串焼き(しょうゆ、酒、みりん、おろししょうがを混ぜたたれに漬けておいた豚肉とマッシュルームを串に刺し、フライパンで焼く)、春キャベツのごま塩サラダ、にんじんと大根の甘酢漬け(拍子切りにして塩をしたにんじんと大根を甘酢に漬ける)、ゆで卵(水からゆでて沸騰したら火をとめ8分置き、すぐ水で冷やして殻をむく)、赤かぶの漬物