情報収集はスマホにシフト!ファッションコマース事情
情報収集はスマホが主流!どこでも検索でほしい情報がすぐ分かる

ファッションアイテムのリサーチや購入の方法に変化があることをご存知だろうか。店頭での購入が圧倒的だった時代を経て、インターネット、スマートフォンが普及したことで、情報収集やショッピングの在り方が様変わりしている。株式会社ジャストシステムが運営する、マーケティングリサーチ情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」は、20代~40代の男女602名を対象に、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用したファッションコマース利用動向に関するアンケートを実施。アンケートによると、20代~30代女性を中心に、ファッションアイテムの情報収集がスマホにシフトしていることがわかった。

1年前と比べて利用機会が増えたファッションアイテムの情報収集ツールは?という質問に対し、「スマホ・タブレットのWebサイト」が36.6%を占め、「スマホ・タブレットのアプリ」が26.5%とつづいている。また、「スマホ・タブレットのWebサイト」は20代女性の49.5%、30代女性の43.8%、「スマホ・タブレットのアプリ」は20代女性の32.7%、30代女性の33.7%がそれぞれ利用機会が増えたと回答している。ショップなどから送られてくる情報でも、女性がもっとも反応するのは「LINEに届くクーポン」で28.1%。ただし、「郵送物(カタログ、DM)」26.1%、「スマホに届くプッシュ通知」22.9%とつづき、カタログやDMなど紙媒体の郵送物も効果が高いという結果となった。

つづいて、1年前と比べてファッションに関して影響を受ける人や情報に変化があったか?をみていくと、「街中の素敵なディスプレイから影響を受ける機会が増えた」が13.9%を占めている。20代女性のみに絞ってみると、「好きなブランドやショップのニュース」29.7%、「好きなブランドやショップからのSNS投稿」26.7%の一方、「街中の素敵なディスプレイ」29.7%、「街中のおしゃれな人」25.7%で、実物を使ったリアルコーディネイトを参考にする傾向が強い。

また、20代女性のアプリ利用者がどのアプリをつかっているか?では、「総合ショッピングモール(楽天、Amazonなど)の公式アプリ」が70.0%。「フリマアプリ」が55.0%でつづく。とりわけ20代女性のスマホ利用率が他世代より高い結果が出た。デジタルネイティブ世代と呼ばれる背景を表しているともいえそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】