オリジナルホットケーキに挑戦する男性が増加!?
自宅でスイーツ作りに挑戦する男性

テレビなどで話題となった『スイーツ男子』という言葉をご存知だろうか。最近では甘いものを好んで食べるだけでなく、自分でスイーツ作りに挑戦する男性も増えているようだ。

森永製菓株式会社は15歳~69歳の男女を対象に『男性のスイーツ作りに関する調査』を実施した。まず『お菓子(スイーツ)の好意度』について調査した結果、男性全体の88,2%が『好き・まあ好き』と回答し、30代~50代男性の89,8%が『好き・まあ好き』と回答した。20代に限らず、30代以上の世代においても、甘い物を好む男性が多いことが分かった。次に『自宅で作る、または今後作りたいスイーツの種類について』調査した結果、家族(妻子)がいる男性の83,9%がホットケーキ・パンケーキと回答した。ホットケーキは行程も少なく失敗しにくいため、料理をする経験の少ない男性でも簡単につくれるのが魅力なのだろう。

また調査していく中で『複数段重ね、フルーツや抹茶を混ぜてオリジナルフレーバーを作りたい』『ハートや動物の形、バターたっぷり、あんこ乗せ』『ふわふわ・しっとりなどいろいろな種類を試したい』など、市販のレシピでは物足らずオリジナルに挑戦している男性の意見もあがった。

レシピに沿って簡単に作れ、オリジナルにも発展させやすいホットケーキ。コミュニケーションの一環として、家族を巻き込んでオリジナルのパンケーキ作りに挑戦するのもいいかもしれない。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】