約80%が満足!「バルコニスト」になると生活が充実
バルコニーを有効活用して憩いの場にしてみませんか?

マンション住まいを中心に、毎日の暮らしの中でベランダやバルコニーを利用する機会は多いが、皆どのように楽しんでいるのだろうか?

日本法人イケア・ジャパンは、全国の20代~60代の男女600名を対象に、ベランダやバルコニーに関するアンケートを実施。アンケートによると、同社が定義するベランダやバルコニーを楽しむ「バルコニスト」で、生活が充実していると回答した人は77.1%にものぼり、毎日の暮らしに好影響を与える可能性が高いことがわかった。

まず、ベランダ/バルコニーが好きか?に対して、「好き」と回答した割合が65%で、60代がもっとも多い。年齢を重ねるにつれて、ベランダやバルコニーで過ごすことを好む傾向がうかがえる。次に、ベランダ/バルコニーを活用しているか?をみていくと、「十分活用できている」が21.3%。利用用途に関してもっとも多かったのが「洗濯物を干す」75.3%で、家事動線の中で利用している人が多いことがわかった。

続いて、同社が定義するベランダやバルコニーを楽しむ「バルコニスト」の割合は?というと、回答中わずか31.1%。7割の人が活用していないという現状だ。さらに満足度の比較では、バルコニストで「満足している」と答えた人の割合は80.3%にものぼっている一方、非バルコニストは50.0%だった。では、8割以上の満足度があるバルコニストの活用方法はどのようなものがあるのだろうか? 1位「ガーデニング」2位「洗濯物を干す」3位「ドリンクや食事を楽しむ」という結果が出ている。利用用途に満足しているバルコニストであるほど、余暇や娯楽を楽しむ傾向がうかがえる。今後ベランダ/バルコニーを活用していきたいか?に関して、約6割が「もっと活用したい」と回答。中でも、非バルコニストは51.4%が「もっと活用したい」と回答しており、自分に合った利用法を見つけたり、環境面をクリアできれば、利用者が増えることがうかがえる。

身近なアウトドア空間であるベランダ/バルコニー。住居の環境面などさまざまな要因が重なり、誰もが快適に利用できるとはいえなさそうだが、できる限り工夫してライフスタイルの充実につなげてみてはいかがだろうか。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】