暑さ慣れしてない今も要注意!簡単手作りドリンクで対策を
熱中症対策に「ビタミン」「塩分」を多く含んだ飲み物で補給を行いましょう!

年々暑さが厳しくなってきている日本の夏。熱中症にかかる人の数も年々増加傾向にある。日差しが強い夏場はもちろん、暑さに体が慣れていないこの時期も要注意!

ミドリ安全株式会社では、熱中症で2015年に救急搬送された患者数の多い5都道府県(東京都、埼玉県、大阪府、愛知県、神奈川県)の18歳から65歳までの男女500名に熱中症対策のアンケートを実施した。3人に1人が今までに熱中症を経験したことがあると答え、年齢別には20代の男女が最も多かった。

体内からは一日約2.5Lの水分が失われるといわれている。夏は大量の汗をかくため、さらに水分の摂取を心がけたいもの。夏場の熱中症対策として、約7割が市販のスポーツドリンクや経口補水液などの飲料を摂取しているという回答で、ほかにも水やお茶などの塩分を含まない飲料水、塩飴、サプリなどを摂取しているという回答があがった。

熱中症予防の水分補給飲料は自分でも簡単に作ることができる。1リットルの水に対し、ティースプーン半分の食塩(2g)と角砂糖や蜂蜜を好みに応じて溶かして作るオリジナルベースに、レモンやオレンジなど好みのフルーツ果汁を適量加え、ビタミンをもプラスする。ブドウ糖は、ナトリウムと同時に腸内で速やかに吸収され、同時に水分も吸収される機能を促す。水分、塩分、糖質をバランス良く摂取して熱中症にからない夏を過ごしたい。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】