お疲れモードの体に染みる!「柳川風」おかず
どじょうの代わりに豚肉を入れて。「新ごぼうと豚肉の柳川風」  

調理=石原洋子 撮影=岡本真直

梅雨に入った地域も多い今日このごろ。気温差も激しくお疲れモードの体にやさしいものを食べたいところ。そんな日は、新ごぼうで作るほっとするおかずはいかが? ごぼうは食物繊維が豊富で、「便秘改善」「腸内環境の改善」「むくみ解消」の効果も期待できる。さらに、新ごぼうはやわらかく、香りも楽しめる。豚肉と卵と合わせて、柳川風のひと品を。作り方も切って煮るだけと、とっても簡単。お疲れモードの日の晩ごはんにいかが?

【主菜】新ごぼうと豚肉の柳川風(1人分221kcal、塩分2.3g)

<材料・2人分>新ごぼう…1/2本(約100g)、さやいんげん…2本、だし汁…3/4カップ、豚こま切れ肉…100g、卵…2個、酒、砂糖、しょうゆ

<作り方>1.新ごぼうは皮をこそげてささがきにし、水にさらしてアクを抜いてざるに上げる。いんげんは斜め薄切りにする。2.鍋にだし汁、しょうゆ大さじ2、酒、砂糖各大さじ1を煮立てて豚肉を入れて煮る。肉の色が変わったらごぼうを入れて煮る。3.ごぼうがやわらかくなりかかったらいんげんを加える。煮汁が半分くらいになったら割りほぐした卵を流し入れ、ふたをして30秒くらいしたら火を止め、1分蒸らして器に盛る。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】