プリン派は見逃さないで!カレルチャペックのプリンが復活
ティータイムにはお気に入りのスイーツを

人気の紅茶店「カレルチャペック」から、大人気だった2種類のプリンが復活! 以前食べ損ねたという人も、ファンだったという人もプリン好きなら聞き逃せないニュースだ。

2015年8月に惜しまれつつ閉店となった「カレルチャペック スウィーツティールーム」。絵本の中にいるようなカフェで出されていた人気スイーツが、今回復活した「カレルプリン」と「カレル紅茶プリン」だ。テイクアウト専門の吉祥寺本店にて販売されている。

どちらの味も、生クリームとはちみつをぜいたくに使った濃厚なコクと上品な甘さ、滑らかな口当たりが魅力の正統派プリン。「カレルプリン」はたまごと牛乳の味が濃厚な、丁寧に作られた定番のカスタードプリン。子どもにもおすすめだ。別添えのカラメルソースを添えると優しい甘さでまた違った味わいに。

一方「カレル紅茶プリン」は、黒糖のような深みのある香りを持ったスリランカ産のルフナ茶を使用。濃厚なカスタードと、それに負けない紅茶の味と香りが味わえる、紅茶専門店ならではの大人なプリンだ。紅茶好きであればぜひ味わってみたい。こちらも別添えのカラメルソースで甘さを調整できる。どちらも食べ終わったあとに、小物入れや料理に使えるかわいいデザインのプリンカップに入っているのもうれしいポイント。

どちらもカレルチャペック吉祥寺本店のみの販売。オリジナルカップに入ったプリンは、お土産やプレゼントにもぴったり! もう一度食べたかった人も、どんな味が気になる人も足を運んでみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】