クセになる!ラー油がアクセントのピリ辛もやし
もう一品足りないときは、ラー油がアクセントの「ピリ辛もやし」

調理=石原洋子 撮影=野口健志

1年中安定して低価格で、どんな料理にも合わせやすいのがもやし。発芽することで、豆にはないビタミンCや消化酵素のアミラーゼが生まれる。風邪予防の効果が期待される「ビタミンC」、血液循環を調整してくれる「カリウム」、便秘の改善を助ける「食物繊維」などの栄養素も。ごま油の香りとラー油がアクセントの「ピリ辛もやし」を、今晩のおかずにプラスしてみては?

【ピリ辛もやし】(1人分97kcal、塩分1.0g)

<材料・2人>豆腐肉そぼろ…80g(材料は300g分)・もめん豆腐…1丁・とりひき肉…100g・合わせ調味料・おろししょうが…小さじ1・しょうゆ…大さじ2・砂糖…大さじ1・酒…大さじ1/2・サラダ油もやし…1/2袋・塩、ごま油、ラー油

<作り方>1.豆腐肉そぼろを作る。豆腐は厚みを半分に切り、ペーパータオルに包んで約15分おいて、軽く水きりする。2.フライパンに油小さじ1を熱して豆腐を入れ、木べらで細かくほぐしながら炒める。水けがほとんどなくなってポロポロになったらフライパンの片側に寄せ、あいたところにひき肉を加えて、木べらでほぐしながらポロポロになるまで炒める。3.全体を混ぜ合わせ、合わせ調味料を加えて、汁けがなくなるまで炒め合わせる。4.もやしはできればひげ根を取り、水にさらして水をきる。耐熱ボウルに入れてラップをかけ、電子レンジで約2分加熱し、ざるにあけて水けをきる。5.耐熱ボウルに豆腐肉そぼろを入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約40秒加熱し、温める。6.5に4を入れ、塩少々、ごま油小さじ1、ラー油少々の順に加えてあえる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】