晩ごはんどうする?豚肉でスタミナアップ!
ごぼうとエリンギを豚肉ではさんでジューシー。「ミルフィーユカツ」

調理=藤井恵 撮影=野口健志

五月とはいえ、汗ばむ陽気のこの頃。暑さ慣れしていない体にスタミナをつけるには、やっぱりお肉。中でも豚肉は、ビタミン類・脂肪酸の効果から、疲労回復やコレステロール低下・美肌ににも効果的! メインはきのこでかさ増ししつつ、ヘルシーな「ミルフィーユカツ」を。副菜は新鮮な「新ごぼうと春キャベツの農園サラダ」や「いんげんのやわらか白あえ」。汁物は太陽の元気をもらえる野菜を使って「かぼちゃともやしの赤だし」や「モロヘイヤとトマトのスープ」はいかが?

【主菜】ミルフィーユカツ(1人分243kcal、塩分1.2g)

<材料・2人分>豚もも薄切り肉8枚(約120g)、ごぼう1/3本、エリンギ1/2パック、大根のせん切り5cm分、青じそのせん切り5枚分、ころも:小麦粉・水各大さじ1・ドライパン粉10g、塩、こしょう、サラダ油、中濃ソース

<作り方>(1) 豚肉は塩、こしょう各少々をふる。ごぼうは肉の長さに合わせて皮むき器でスライスし、エリンギは縦7~8等分に薄く切る。ころものパン粉はすりこ木などで細かくしてバットに広げる。(2)まな板に豚肉1枚を広げ、その上にごぼうの半量、豚肉1枚、エリンギの半量を重ね、最後に豚肉2枚で全体をおおうように重ねる。同様にもう1つ作る。(3) 小さな容器にころもの小麦粉と水を混ぜ合わせ、手で肉の表面全体にぬりつける。1のバットに入れてパン粉を全体にまぶす。(4) フライパンに油大さじ1を熱し、2を入れて弱めの中火で両面をこんがり焼き色がつくまで焼き、3等分に切る。(5) 器に盛って、大根、しそを混ぜて添え、ソース適宜をかける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】