ごま油の風味が食欲をそそる!たっぷり野菜のチャプチェはいかが?
自分の好きな野菜もご一緒に

調理=梁銀姫(水刺齋) 撮影=原務

チャプチェとは、春雨を炒めた韓国料理のこと。ピーマン・赤ピーマン・たまねぎ・しいたけなど、旬の野菜や牛肉と一緒に炒めて、ひと皿でたくさんの栄養素がつまっている。副菜として扱われることも多いが、今回ご紹介するのはメインおかずにもぴったりのボリューム感だ。今日のおかずに、ごま油の風味とごまのアクセントが効いた、食欲をそそる一品をどうぞ。

【主菜】たっぷり野菜のチャプチェ(1人分334kcal、塩分3.0g)

<材料・2人分>牛切り落とし肉…40g、下味・しょうゆ…大さじ2・砂糖…小さじ2、溶き卵…1個分、はるさめ…60g、玉ねぎ…1/4個、ピーマン…1/2個、赤ピーマン…1/4、にら…1/4、長ねぎ…1/2本、しいたけ…2枚、えのきたけ…1/4袋(約25g)、白いりごま、黒いりごま…各少々・塩、サラダ油、ごま油

<作り方>1.ボウルに牛肉を入れ、下味を加えてもみ込む。はるさめは袋の表示どおりにもどし、食べやすい長さに切る。玉ねぎは薄切りに、ピーマン、赤ピーマンは縦細切りに、にらは5cm長さに、ねぎは斜め1cm幅に切り、しいたけは軸を除いて薄切りにする。えのきたけはほぐす。2.溶き卵と塩少々を混ぜ、サラダ油少々を熱したフライパンに流し入れる。焼きかたまったら取り出して細切りにする。フライパンをペーパータオルでさっと拭き、ごま油大さじ1を熱し、牛肉とボウルに残った下味の半量を入れて炒める。牛肉の色が変わったら、はるさめを加えて炒め、にらとえのきたけ以外の野菜を加えて炒め合わせる。3.野菜に火が通ったら水90mlと、残りの下味を加えて、強火で炒め合わせる。ごま油少々を回し入れ、にらとえのきたけを加えて炒める。全体に味がなじんだら火を止めて器に盛り、2の卵焼きをのせて、ごまをふる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】